のれんに使われる様々な生地の種類

集客率を上げるツール

のれんの存在は知っていても、取り付ける目的を明確に説明できる人は少ないでしょう。
伝統に従っているだけのように感じるかもしれませんが、実は集客に大きく関係しています。


これから店舗を開業しようと考えている人は、売上の向上に役立つアイテムとして
導入を検討すると良いでしょう。

検討する


そう言われても、どうして集客に結び付くのかイメージできない人もいると考えられます。
店舗の名称を伝える役目があるのはもちろんですが、店舗のテイストや
雰囲気などを伝えられるのもメリットです。


店舗の名称はどこに掲げても同じだという意見もあります。
たしかに看板を設置することでも、名称をアピールすることは可能です。


ただし、すべての人が看板をしっかり見てくれるとは限りません。
看板ではなく店舗の様子を外からうかがうだけの人もたくさんいます。


そのような場合でも、のれんにはっきり書かれていると
自然と名称が目に入ってくるという仕組みです。


また、看板は常に設置してあるのに対して、のれんは営業するときだけ
取り付けるのが一般的です。

営業の目印


そのため、店舗が営業しているかどうか外からひと目で分かります。
定休日と勘違いされて素通りされるリスクを下げられるということです。

ビジネスチャンスを逃さずに集客に結び付けられます。


センスの良いのれんを付けていれば、店内のデザインも良いと予想してもらえるメリットがあります。


たとえば女性客を増やしたいなら、女性が好むデザインにするのが得策です。
また、外にいる人だけでなく中にいるお客に対しても良い効果を期待できます。


出入口を開閉したときに、通行人に自分の姿を見られることを嫌がるお客は少なくありません。
そのような人は、店舗を観察して出入口から見えやすいと判断すると来店しない可能性が高いです。


のれんを付けておけば通行人の目線を防げるので、そういった懸念を抱かせずに済みます。
多くの人に気兼ねなく来店してもらえるので、集客率のアップを望めます。