のれんに使われる様々な生地の種類

スラブ

スラブ素材は、スラブ糸で編んだもので、ナチュラルな印象、
独特の凹凸感のあるサラりとした清涼感を感じさせます。


ムラのある糸を使用していますので、糸のよりが強い部分と、
よりの弱い部分があるため糸の太さにあらかじめ違いがあるため、
織り上がると独特な質感になりますので、味のある仕上がりが
スラブ生地の魅力の1つですので、のれんに仕上げると
素敵なインテリアになることでしょう。

印象
スラブ糸は、綿状になった細い繊維を平行に何度も引き揃えていき、
糸の太さを調整していくのですが、この時わざとムラを作ることによって、
凹凸感のある風合いになります。


凹凸感があることによって、ナチュラル感や肌触りが良くなりますので、
のれん以外にも洋服の生地として多く使用されています。


織物の風合いが薄い部分と分厚い部分と出てきますし、
柔らかくふんわりとした仕上がりになりますので、ナチュラルさを求める方に人気がある生地です。


デザインによってはボリュームを与えることも、柔らかく仕上げることも可能ですし、
生地自体がとても軽いので、のれんと使用するのも最適だといえます。


風が吹けば、ふんわりと布が揺れますし、ほどよく風を通してくれるので
日除けにもなりますし、インパクトのあるインテリアに仕上げることも可能です。


春から秋、夏から秋にかけてのインテリアに向いていますので、
玄関先にのれんがあると生地そのものが風を通してくれますので、
爽やかな風が部屋を抜けていきます。


仕上がりこの生地を使用したのれんはお手入れも簡単で、洗濯ネットに入れて
洗濯機で簡単に洗うことができますし、洗濯した後はそのまま生地を伸ばして
物干し竿にかけて乾かしていきましょう。


元々風合いを楽しむための生地ですので、アイロンはかけずに
そのまま乾かしてすぐにのれんとして使用することが出来ます。


生地の柄は様々なものがあり、無地以外にもチェック柄など
様々ありますので、お好みの柄を選ばれるとよいでしょう。