のれんに使われる様々な生地の種類

綿帆布

今や私たちの生活にとって身近な素材となった帆布ですが、
和のアイテムにも活用されていることは知っているでしょうか。


そもそも帆船の帆に使う布として作られたのが始まりです。
その特徴は、丈夫で耐久性、通気性に優れていることです。


織りの技術の発達とともに、帆布の用途は年々広がりつつあります。

帆布生地
例えば、テントやスニーカーの素材として使用されるほか、買い物カバンなどにもよく使用されます。
京都のカバンブランドが製作した帆布バックが全国的に有名になりましたが、
荷物を入れても破けることなく長く使用出来る通勤・通学用のバックとして、広く活用されています。


私たちの生活に身近で使いやすい素材のひとつといえるでしょう。
一見すると洋のアイテムに使用されがちな印象のある帆布ですが、実は和のアイテムにも使用されています。


その和のアイテムの一つがのれんです。
その理由は、丈夫で耐久性があり、通気性も良いからだけではありません。

風合い
シワになりにくく、使い込むほどに風合いが増してくるので、
長く使用するのれんを製作したい方にお勧めできます。


生地に張りがあるので、サイズの小さいのれんには不向きかもしれません。
ですが、お店の出入り口や間仕切りなどにかける日除けのれんなど、
大きいサイズののれんを製作する場合には適しています。


お店の名前やロゴを染めれば、立て看板よりも目立つお店の広告塔になります。


また、柔らかく光を遮ってくれるので、室内が暗くなりすぎることもありません。
綿風の風合いは使用するシーンを選びません。


見た目がキャンパス生地にも似ているので、和風にも洋風にも合わせることができます。
染め方にもよりますが、手洗いで汚れを落とすだけという他に比べて
比較的お手入れが簡単なのも、広く長く愛される理由といえるでしょう。


また洗濯によって風合いが変わっていくのも面白さの一つです。
日本人の生活に馴染みのある綿風素材であるということも、重宝される理由の一つかもしれません。